2009-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年をふりかえる - 2009.12.31 Thu



そういえば「2008年をふりかえる」という昨年のエントリに
「M4が出ました。ちょびっとだけ使ってみました」と、あります。
その状況は一センチたりとも変化していません(爆)
M4用のお洋服を買っても、即座にM3にコンバートしてます。

今年はねー。個人的にわりと怒濤の一年でしたねー。
ただ、漠然とやりたいなーと思っていたことは、けっこうやった気がします。

・小説を完成させて、小説サイトを作る。
・余所さんに投稿する。
・バンド絵を作る。特にデカい人にデカい人ベースを持たせて。
・GarageBandを再び使う。
・電気紙芝居を作ってYouTubeにUPする。

具体的に非常にやりたかったサイトの改装が全然できんかったのが反省点。
れんだろやpixivに投稿をしたとはいえ……たまーにだったし(笑)

わりかしどれもこれも、いろんなひとの助けやアドバイスや刺激があって
できたことなので、にんげんはひとりで生きているじゃあないのですね、とか
しみじみ思うこの頃。
みなさまほんとうにありがとうございました。

あとはJezzの「はじめて今年やったこと」(笑)。

・Rob Zombieのライブを観れた!!!!!!! きゃーきゃー!
 (大阪公演に行かなかったのが反省点です)
・フェスというものに、行った。
・週刊少年ジャンプを買った。

なーんて回顧にふけってる場合じゃあねーわけでございまして、
とりあえず31日付けのエントリを書いてみたりしてるわけですが、
これから今年最後にして来年初の修羅場がやってくるわけであります。
おたのしみにー(笑)

ではよいお年をー、って数時間後にはまたエントリしますけど!!(笑)
スポンサーサイト

3 on 2G - 2009.12.23 Wed


そんなわけで師ですら走り回るこの時期であるから、私のようなバンプもとい凡夫は、
何から手をつけていいやらぼう然とするばかりなのであった。(訳・みなさんこんばんわ。いかがお過ごしですか)

さて、Phase of Interplayの、ご愛顧感謝配布第三弾。


phase of interplay

Extra の Downloadページにありますので、よろしかったらどうぞ。

ISOPさんのCasablancaOpenFullShirt用のTextureSetです。
本体は、roseさんの蜜x毒 で、downloadできます。
お持ちでない方はそちらもどうぞです。

1103_casa.jpg

……再掲ですみません。
第六章で、ユーティさんが、3枚2ゴールドで購入していたものです(笑)
ゼニスが見たら「どこで着るんだ。いつ着るんだ。(-”-」と絵文字通り眉を顰めそうな……。

091222.jpg



え? なに? クリスマス?
……あー。うー。まあその、あれだよ。
なーんだかしらんけど、この時期って毎年こんなエントリだよなあ……。










Triaxial Gate 人形展『後編』 - 2009.12.13 Sun

TriaxialGate

第十六回 TriaxialGateは人形展です。開催中です。
無事開催できてよかったです。すみませんすみません。私が悪かったです。

そのようなわけで怒濤の数日間の後、公開後は妙なテンションで
気がつけば朝の6時であったりし、よしよし心おきなく睡眠を貪ろうではないかとばかりに
布団にもぐってみれば、もうイッカンノオシマイ、何もする気になれぬ。
眠りにつく前は「ケーキ食べたいよケーキ。ケーキケーキ」と大騒ぎしていたにもかかわらず、
目覚めてみれば「わらわはなにもみとうないのじゃ」みたいな感じで?(笑)

絵が公開されたら、たまには絵のことでも書きましょうか、と思ったのであるが、
見ればわかるとおり、天才変態度に於てはKyotaroさんの足下にも及ばず、
変態天才度に於てはRaikaさんの足下にも及ばずといったていたらくて、
僕としてはもうなんにも言いたくないのである。
しかしうっかり昨日のエントリに「前編」と銘打ってしまったからには、
「後編」を書かぬわけにもゆかず、やはり物事は完結してから後に世間に発すべきでは
なかろうかという思いを強くするのであった。

ええと、まあそのようなわけで、改めて確認してみたくて、
Ball Joint Doll をならべてみたり。

fc2_001.jpg
ちなみに、これまでの私が主に使っていたのは、左端のBJD。
まんなかが今回使ったType2。顔色が悪いのは私のマテリアル設定が誤っていたせい。
没子は、使うつもりで、結局絵にならなかったやつ。
マテリアルの設定は、MAYAさんのBJDに準じている。
衣服は、WW2でコンバート。ヅラは手動で合わせてペアレント。
ウエストまわりをぐぐいと細くしてみたりなんかした記憶がある。

んで、今回使わせていただきましたのType2。

fc2_002.jpg
どんどん変な欲がでてくる。たとえば、顔をいかんともしがたく自分のタイプにしてみたいなあとか。


私は元来「可愛い」という観念というか感覚というか美学というものが
欠落している(自分の身のうちにない)。
かつて「もうちょっとかわいい女の子が作れないものかね」といわれ、
可愛いっていわれても、どーにもよくわからねえんだよ、ばかやろうと思ったものである。
たとえば大ヒットした商業キャラクターは「よくできているな」とは思ってもかわいいとは「感じない」。
要するに「かわいいと感じる感性が貧困」なのだ。私は。
そんな私が、「おお、これは、可愛いじゃないか。そして世間も可愛いと言うとるようだ」
とようやく一般的概念としての可愛らしさと同期できたのが、スーパードルフィーというやつだった。
誰だか失念したのが申し訳ないけど、お友達のひとりから教えてもらった物体である。

もともと人形は嫌いではなかったのだ。
幼い頃、はじめて海外出張に行く父親に「お土産に人形を買ってきて」と頼んだ。
「レースとかいっぱいついたひらっひらの豪華な服着て、くるくるの金髪で、プラスティックじゃない、
小公女のセーラが誕生日に貰ったようなやつ」
だがしかし、無事帰国した父は私に言ったのであった。
「おまえのいってるようなのは、アンティークドールといって、ものすごく高いんだ」
さらに母が言った。
「あんなもの気持ち悪いから家に置きたくないわ」
年齢を経て私は彼らの言葉が真実であることを知り、自分も人形で遊ぶ時期を過ぎ、
リカちゃんは時代に沿って日常風の容貌に変わりゆき、人形は私の興味関心の対象から外れさったのであった。
ビスクドールであるとか、球体関節人形であるとかゆう言葉を知ったのはずうっとずうっと後のことである。

んで、ドルフィーであるが、あれはまた非常によくできている気がする。
一定程度の人間が見て「かわいい」と思える造形の最大公約数と、
マニア好みとの折衷点を実現していて、なおかつ諸般カスタマイズ可能。
……というのは、自分が抱いているイメージであって、実際にそれを趣味にしてなさる方
には「ちがう!」と言われてしまうかも知れないので、誤解だったらごめんなさい。
とりあえず、私は、埃や脂で汚さずに、きれいなままで保つ場所を持たぬし、
私の理想通りの素材と造形の人形とそれを収納するガラスの棺桶が調達でき、
さらに諸般メンテナンスに金を糸目をつけぬことが可能になる目処が立つまでは所有することを自らに禁じている。

あー。そんなこたどうでもいいんだよね。
絵。絵だよね。
……えーと(笑)。
ノーヴィジョンだっただけあって、
なんかえーと(笑)

とりあえず、これを
image_large.jpg
読み込んでみたら、ああ! みたいな(笑)。
メインはお人形で、プラス三悪人だから、食卓の上にお人形だな、みたいな(笑)

それだけです。

カメラの反対側から見るとけっこうえっちいことになっていたりするんだけど、
まあそのそういうのはいいじゃないかという感じで。

絵を公開した後に
「ぱんつ(御下着的な意味で)みたいですよね」
「うーん、あれはなくてもいいかなあって、最後まで迷った」
という会話がありました。
球体関節人形に隠す的ニュアンスの下着って必要ないような気持ちが私にはあります。
助兵衛なんですかね、わたし。



で。
おいしくいただきましたとはいえ、連中がお人形さんを大事大事にするかといったら
絶対そうじゃないという確信があったので、お弔いしましょうね、みたいな。
連中の中では鉄之丞だけはちょっとスタンスが違うので、お弔いまでするんですよね、みたいな。
それだけですよ。
それだけ。その程度。

お人形ってどっかそいういうことさえ受容しちゃうようなとこある気がしたから。
たぶん自分が魅かれ続けているのは、そういうとこがあるからだと思うんだよね。

まー、そんな感じで(笑)。
広角つかってみたかったとかそんなのもあったけど、まーそれは
……いつもの子らがメインだと「ゆがむしー」って気になってなかなかできなかったからとかさ(笑)
そんな程度ですよ。

んで、pinoさんが使っていてかわいいなあと思っていて、今回使うかもと思って結局使わなかったものを、
ぼえーとした頭で使ってみました。
(cookie本体もちゃんと買ったんだけどねー・笑)


fc2_lan_nya.jpg
猫はトラ。シャム猫仕様のtexture作ろうかな(まだやる気かよ!・笑)。



fc2_lanusa.jpg
展と同じセットで撮ってみた、うさぎちゃん。レタッチするの忘れたし……まあいいや。

Triaxial Gate 人形展 『前編』 - 2009.12.12 Sat

第16回TriaxialGateは人形展。
12月12日より開催です。

TriaxialGate

実はこれを書いているのは、12月10日。
まだ作品ができていない。一枚も。影も形もアイデアもヴィジョンもない。
せっかくだから(笑)今年最後のTriaxialGate展の作品ができるまでを、
時系列を追って記しておこうと思う。

12月9日・深夜
「私にはまだ無限の選択肢が残っている」

要するにこの時点でノーアイデア、ノープランである。
テーマがDollなので、MAYAさんの球体関節人形を使うことに決めていた。
これまで何体か作ってみたものの、納得できてない部分もあったし、
試してみたいこともあったので、とりあえずお人形をちゃんと作ることにする。
そのために服をコンバートしたり、新たにTextureを描いたりしていた。
いざとなったら、ジークヴァルト鉄之丞が降りてくるんではなかろうかと
非常に甘い考えを抱いて生きていた。

12月10日・深夜
「どうもうまくいかねえ」

ちょっと大人風味の球体関節人形Type2を使うことにしたのだが、
どーにもうまくいかない。ああでもないこうでもないとテストレンダを繰り返す。
絵については具体的なヴィジョンはこの期におよんでも一切ない。冗談ではない。まじで。
構図とかそういうやつ? ない。ないのだ(笑)
まあ、いつも、だいたいこんな感じなんだけど、これほど何も頭にないのは
ちょっと珍しいくらいナッシング。
Dollの絵については、春の和風展に投稿したアレで
自分としてはよくなっちゃってるよーなところがあるんだよなあー
とか明け方に風呂に浸かりながら考える。
だからといってやらぬわけにいかぬのであるから、なんとかせねばならない。
早く鉄之丞が降りてこねえかなーとか思うのであるが、
いつもこうだから自分は駄目なのだと凹むばかりである。

とても寒かったので、とりあえず必要な衣装のいくつかをコンバートさせている
あいだにお布団にもぐる。
とにかくだ。とにかくなにかこう、やらしいというか、えっちぃというか、
淫靡というか、いけないかんじのものを作るのが「自分にとっての筋である」と、
それだけを胸に抱きながら。
「だがしかし、それっていつものじゃん」と頭では思うのだが、
Dollっていったら、やっぱりそういうのが私はやりたいし、
それが私の生きる道なのだとかわけわかんない決意をしてしまうのは、
毎日スープカレーばかり食うておるからかも知れぬ。
自分は「気に入るとひたすらそればかり」という傾向が万事に於いて非常に強い。
たとえば、スープカレーや十割蕎麦やジェノベーゼソースのパスタや参鶏湯を
二度と見たくないと思うくらい延々と(一ヶ月くらい)食し続けたことがあったし、
Type O Negativeしか半年間聴かないとか、Rob Zombieを24時間ヘビーローテーションとか、
そういうのが日常茶飯事である。
徹頭徹尾マイブームに耽るのが可能になったのは、諸般の事情がそれをゆるすようになったからであって、
ある意味箍が外れたのだと思う。
いつまでこのような状況が続くかわからないし、せっかく今年はそんな一年であったのだから、
シメもそのノリでいいんじゃねえか、と居直りつつ、就寝。

12月11日
「いつまでが一昨日でいつからが今日でいつ明日が来るのだろう」

あっというまに伊香川犬に起こされる。
すでに今日がいつからはじまっているのかわからないが、感謝である(笑)。
本日深夜零時にアップするのが美しいというか理想形なのだが、それは無理なので
「ごめんむりぽ」と皆さまに伝える。ごめんなさいごめんなさい。
Dollに衣装を着せ、ヅラを決める。楽しい作業ではあるけれども、けっこう悩む。
投稿規定は「二枚」であるから、お人形は二種類作ることにする。
ひとつはブロンド、ひとつは黒髪。これも自分としてはお約束というか、
好みなのだからシカタガナイ。
ブロンドの方は、大方顔立ちも決定しているし、Textureもできている。
レンダしながら黒髪の方を作ればなんとかなるんじゃあないかなー。
衣装もキモチ雰囲気の違う感じなのを想定(決定してないとこが笑う)する。
一枚目に着手。徹頭徹尾自分好みのシチュエーションにする。
例によって、姫と三悪人。ぶっちゃけこればっかりなんだけど、
今年の総括として一枚はコレにするほかねえだろうと、居直る。
アヤシゲな感じになるといいのだけれど、テストレンダの時点ではなんともいえぬ(笑)。
一枚目を作りながら、二枚目をどうしようかようやく考え始める。
自分としてはカワイイ展の鉄之丞絵のリベンジがしたかったので、
姫と変態狼でいくことに仮決定。
ぶっちゃけこればっかりなんだけど今年の総括として(笑)
暴走することにする。都合三枚目である。
あれ。もしかしたら、今年はこんなん四枚目なのか? そうなのか? おわってないか自分?(笑)
三ヶ月に一回くらい「姫と鉄之丞」を作らないと気が済まないらしい(笑)。
テストレンダがなかなか終わらないので、サブマシンでもう一体のDollを
つくるといたしましょう、とタモリ倶楽部を待つ午前零時。とほほ。

12月12日
「しまったメガシャキがなくなっていた」

○深夜○
空耳アワーを見ていたら、テストレンダが途中で静止していて蒼白。なんでようー。
そらま、異様にFigureが多いんだけど。むー。
余裕なさすぎにもほどがあるので、原寸レンダ一枚でなんとかすることにする。
二体目の着付けとポージングを行ってみれば、うー、もう一個コンバートせにゃならんものがあるではないか。マシンに働かせて一旦寝る。そして、起きる。

○朝○
キリッと目を覚まそうにもメガシャキがないので、とりあえず風呂に浸かってみる。
ああメガシャキの生姜味が恋しいよう。
……やっぱり二枚目、別なのにしよう。さっきまでのアイデアは、なかったことに。
二枚目は一枚目の続きにしよう。そうしよう。
せっかくコンバートしたやつ、無駄。無駄でした。あはははは。
私は昔の怪奇小説というかゴシックロマンスが嫌いではないので、
全然オチてないようなオチ、だからなんだみたいな感じも、まあいいや。いいや。いいや……。
お風呂から出てみると、すでにTriaxialGateのお二方はアップ完了している。
なんてこった。申し訳ないにもほどがあるじゃないか自分。なにやってんだこら。
寝てる場合か。風呂に浸かっている場合か。
大慌てで新しいシーンを作り始める。
湯船の中で妄想していたシーンなので、比較的順調に進む。
奴が降りてきたのかも知れない(笑)。

○昼○
天気のよろしい大昼間なので、大音量でDoll展準備用のプレイリストをヘビーローテ。
今回のメインはやっぱりType O Negative(笑)。
でっかい音はいいわー。昼間の作業の最大の利点である(笑)。
ポーズやprop位置の微調整しながら、テストレンダを繰り返す。その間、レンダの終了した一枚目を
仮レタッチ。速度優先でサブマシンのPhotoshopを7.0に戻したので、作業は慣れ性で速いけど、
微修正や、おおまかに見当つける程度にとどめておく。
なんてやってたら、もう15時。だいじょうぶなのか自分ー。おいー。こらー。
レンダ待ちしながら、サーバにアップロードする準備をちまちまはじめる。
……いかん、タイトル決めてなかった(汗
テストレンダを繰り返しながら、ハンドポーズやライトの微調整。
こういうの、最初にケーサンできないのが私の弱点である。
後から「そうだ、あれも」とかってpropつけたしたりするからでもあるし、
メインになるもののマテリアルをうっかり設定しわすれていたりという
まあ要するに、準備不足と不注意なのだ。
そうこうしているうちに、自分の画像以外のアップロード準備は完了。
昼寝していた伊香川犬が目覚めて、遊べ遊べと騒ぎ始める。
しかたなくレンダ待ちの間、音楽に合わせて踊るなどして、犬と戯れる。

○夕○
うー。おなかすいたなあー。
そういえば、昨日の夕方から何も食べていないよーなきがするー。
鍋にはスープカレーが食べごろになっているとゆーのに、
なんというかお腹が負けそうな気がしてしまい、米飯を梅干しで食す。
ね・ねむくなって・きた。あうー。
夕方の報道番組が始まるころ、レンダ終了。あとは……あとはなんとかするしかなかろ(笑)。
試行錯誤の過程で保存したpz3ファイルの名前つけが、メタメタであったことに気付く。
間抜けだよ。間抜けすぎるよ自分。

○夜○
おわた。
おわた。
おわったあああああーーーー。


というわけで絵のこととかは、明日のエントリで。
ながいよ。ながすぎるよ自分。











しりあるきらーだお。 - 2009.12.11 Fri

配布第二弾は、あの名作Sadeを容赦なく血まみれにしてしまった
ハロウィンパーティーのフィースの着ていたシリアルキラーコスチューム。

こんなやつ。

download02.jpg

downloadはこちらからよろしくです。

phase of interplay

小説書いてる時に、ハロウィングッズとかネットで見て回ってたんだけど、
吸血鬼の牙は言うまでもなく(笑)、血糊とかも売ってるんですね。
たのしそーだなー。
テクスチャを作りながら思い出していたのは、「アメリカン・サイコ」という小説。
主人公のエグゼクティブビジネスマンが
職場のハロウィンパーティーにシリアルキラーの扮装を
して参加するんだけど、彼はほんとうに連続殺人鬼なので(笑)
殺した女の血をスーツに塗り付けてたんでした。
うろおぼえだから間違ってたらごめんね。

ジェントルで子煩悩なフィースはけっしてそんなことしないですね(笑)
だいたい本物の血って絶対もっとばっちぃくなっちゃうと思うし。
ストロベリーとかクランベリーのジュースとかジャムとか
そんなのを「えいえいえいえいえいっ!」てやってたんじゃ
ないですかね(笑)
ありんこに攻撃されそうで、そっちのほうがきもちわるそーですよ。

デフォルトのうちの連中、あんまり白い服着ないから、
「ああ、白って血の色が目立つからいいなー」ってちょっとうらやましかったです。

ところで、フィースのお嬢さんのエリシアちゃんが
かわいくてかわいくて悶死寸前になっている人がいます。うちに。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Jezebelich Pixiv

Monthly Archives

Recent Entries

Recent Comments

Categories

Renewal

jezzggbanner

Link

このブログをリンクに追加する

Search This Blog

RSSfeed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。