FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Absinthe - 2010.07.06 Tue

Absinthe - A Very Victorian Vice

かの有名なアブサンを嗜むセットが出ていたので、わくてかしながら購入してしまった。個々のプロップと別に、テーブルの上にブツがセッティングされているプロップセットと、ちょっとした背景になる建物セットが付属している。背景とセッティングされたテーブルを読み込んでみたら、なんかいい感じなので(笑)テストレンダしてみた。


こんなかんじ。

せっかくだから人物も配してみようかなと思い立ったが運の尽き。そのまま深みに嵌って朝になりましたとさ。着衣男四人も並べなくてもいいではないかと思った時には手遅れだったんだ。しかたないんだ。ちょっと背景の建物が寂しい感じだったので、Le VillageのBistrotを無茶合体させてみた。

100706_absant_1.jpg
「砂糖二つにしたらもっと美味しくなるかも」「馬鹿か、おまえ」「そんなもん飲むとますます馬鹿になるぞ」

画像は、わりかし生レンダな状態。
加工後のちょっと大きなサイズの絵をPixivにupしたので、よろしかったらどうぞです。

アブサンというのは19世紀のフランスの芸術家に愛飲された、駄目因子のある人を大いに駄目にした中毒性のあるリキュールである。Nine Inch NailsのThe Perfect Drugという曲の最高にイカスPVで、どうやって嗜むかを見ることができる。いつかコレをやりたくてこのアイテムを買ったんだけどなー(笑)。どうしてこうなった。ま、いつかやるってことで。うん。
世紀末萌えな私はアブサンなるものにおおいに憧れたものです。当時の処方による製造は禁止されているらしい。原料のニガヨモギの成分であるツヨンの量を抑えたペルノーという商品が我が国でも普通に流通しているので、当然ソレを飲んでみたことはあるけれども、薬草系の独特の香りと味わいに馴染めず、口にしたのはその一度っきりである。これ以上駄目な人になっても困るから、これでいいのだということにしておく。




● COMMENT ●

はじめまして

はじめましてNooNです。
いつも美麗キャラで愉しませてもらってます。
まさかアブサンセットがあるなんて、レンダロ侮れません。
ジョニー・デップのフロムヘルを観て、角砂糖に火を付けてアブサンもどきを作ってもらったのを想い出しました。

アブサン~

出たな緑の悪魔!買おうか迷ってたら買ってる人が♪
いいないいな

アブサンといえばクリストフ・バタイユの小説
バタイユって名前で間違えて読んだんですよ最初
で、読んだの忘れてもいちど図書館で借りたの…
なんてあほのこでしょう(-_-;)
アブサンが出てくる映画「ライアー」も性格悪くてお勧めですw

コメントありがとうございます。

>NooNさん はじめましてこんばんは。ようこそですー。
美麗というより微妙な点も多々あるんですが(色々な意味で・笑)愉しんでいただけて嬉しいです。
フロムヘル、大好きな映画ですー! なんかうれしいなあ。
また遊びにいらしてくださいね。

>pinoさん へへへ、買っちゃった(笑)。
クリストフ・バタイユも「ライアー」も未読・未見です。今度チェックしますね。
私もよく持ってるの忘れて同じ本買っちゃいます(笑)。
……DAZやレンダロで「おまえ前にこうたで」って教えてくれるシステムがなかったら、
ぽざデータもたぶんやってしまっていたにちがいない(笑)。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jezebelichkeit.blog112.fc2.com/tb.php/250-ecf89296
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

眠れないぞう(笑) «  | BLOG TOP |  » 流石に眠いお。

Jezebelich Pixiv

Monthly Archives

Recent Entries

Recent Comments

Categories

Renewal

jezzggbanner

Link

このブログをリンクに追加する

Search This Blog

RSSfeed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。