FC2ブログ

2019-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帝都奇譚。 - 2011.04.15 Fri

roseさんが  第五回和風展のこととゆう記事で、こう仰有っている。

「いや、でも悪度はあちらの方がもともとアレなんで、反省はしてませんよ。ええ。」

悪度ってナニ(笑)。アレってなんだよ、アレって!!(笑)
ああそうさ。どうせアレさ。(どれだよ・笑)

とゆうわけで、コラボ的なものをいたしたわけである。
最初にこのようなものをもらった。
teito-base.jpg
映画のポスターみたいにしましょうぜ、という話だったように記憶している。

roseさんのリクエストは三つ。
・怪人は関口。
・小林少年よろすく。
・キャッチもちゃんと書いてくださいね。

ぬぅ。
これはコラージュ的に処理する他なさそー、と思い、構図を……描けばいいのに(笑)、
あいかわらず描かないでPoserである(笑)。
Photoshop上で、レイアウトしながら、再調整レンダとか馬鹿じゃないの。
ああ、そうか。「アレ」って「馬鹿」ってことか(笑)。

髭にドレッドの関口は、変装とかできなそうだけど、二十面相じゃないからまーいーか。
zon_02.jpg
最初に予定してたのはこんな感じ。
DC二枚重ねが今回のハイライトである。できるような気がしたので、やってみたらできた(笑)。
これはなかなかいーんでない? と思ったのですが、
襦袢骸骨に隠れて、全然見えなくなってしまった。ちっ。

小林少年はうまく作れる気がしなかったので、背景ぽく使う感じで。
koba.jpg
ガクランに緊縛で規定の和アイテムクリア、と思ったんだけど(笑)、
よく見えなくなっちゃったので、しかたなく襦袢骸骨を配置したという次第。

ネットに絵を出しはじめた頃は、コラージュみたいなのばかりだったのですが、
超久しぶりです。なぜご無沙汰だったか。めんどくさいからです!(笑)
でも、実に楽しい作業でありました。
毎年和風展の季節になると、あわてて乱歩を読んだりします。
私の数少ない和風テイストの拠所なんだろうなー(笑)
わりと変態入ってる作品が好きなので、そんなテイストを気持ちの上で大事にしつつ、
パーツの配置が決まったら、えいえいえいと汚しに入る。
基本的なイメージ(色味とか雰囲気とか)はあったので、それに近づけるための作業ですね。
その間にキャッチコピー的なものを何度も書き直してみたり。
すーごい苦手なんですよ、キャッチとか(笑)タイトルとか(笑)。
今回一番悩んだのは、そこかも知れない。
そんなこんな含めて、楽しく作業いたしましたよ。roseさん、どーもありがとー。

あー。どうでもいいことですが、和風展会場の、作者のcomment欄にだらだら書いたのは、
実際に私がしばしば見る夢です(笑)。すっごい怖いんですよー(笑)。

そんなことをしつつ、今後使う予定もあまりない小林少年の改造などいたしたわけですよ。
……Hiro3、服とか少ないし(笑)。どうするんだこれ(笑)。
koba2.jpg


あ、ちなみに和風展はこちら。
和風展2011






● COMMENT ●

扉の向こうに待ち受けるものとは・・・

あの夢話、とても面白かったです。
夢を見ている間、jezzさんは夢とは思わないからとても怖いのだろうと思います。
何度も繰り返して見ると言うのも面白いですね、
もしかして又此処に来てしまった、という感覚もあるのではないでしょうか、
丁度いいところで切れていますが、あの観音開きの扉の向こうに入られたことがあるのでしょうか・・・ドキドキ、

コラージュの汚しも綺麗だったです。
汚しを綺麗に見せるというのはとても難しいのでは、やっぱりセンスなのでしょうね。
やったことが無いけど私も一度チャレンジしてみようかな、

小林少年はTVや舞台演劇で役柄や歳まで随分違うので、設定が良く分からないです。
演劇だったか、この絵のように少女のような役どころで妖しい感じなのを見た記憶があります。
あれは実際女性が演じていたのかな。

扉を開ける勇気は、いまだないのです。

>sannziさん
ありますあります。「ああ、またここだよぅ」みたいな(笑)。
投稿した文では、扉の向こうは怪人の秘密の部屋なハズなんですが。
汚しは、センスというか……ああゆう感じの絵や写真が好きなんですよ~。
自分の大好きな雰囲気に近づけたくて近づけたくて、という感じですね。

小林少年、私もわかりません! 身寄りがないので明智が引き取っているとか、
どっかで読んだ気がします。なんなんでしょう(笑)。
でも、彼、小林芳雄っていうんですよ。だからどうっていうんじゃないけど、
あまりに普通で「えー」って思っちゃいましたよ(笑)。
実相寺監督の「D坂の殺人事件」では、女優さんが演じていましたね。

よしお君(^o^;;;  !

なんと微笑ましい名前なんでしょうか、
そういえば二十面相の本名もガクッと来る名前だったぞと思い出して調べてみたら・・・

遠藤平吉

平吉がおかしな名前という訳ではありませんが怪人の名前とは
絶対怪人に付ける名前ではないですよね~
昭和初期だとカッコいい名前だったのでしょうか。
jezzさんも怪人に平吉と名付けないと思うのですがどんなものでしょうか?

へーきっつぁんとか

>sannziさん
平吉はないなー、うん(笑)。
私はいろいろな意味でリアリティ無視ですからね(笑)。
でも「月と書いて、ライト」は無理(笑)。

ノシ

ワタクシ愚考致しまするに、
「平吉だったからこそ、彼は怪人になったのではないか?」
と……。

コンプレックスって美学の源だからさ(笑)

じゃあじゃあ

>roseさん

あー。平吉だったから、変な格好して子供を怖がらせてワーイとか……。
「明智小五郎」だけ、妙に綺麗な名前だよね(笑)
そういえば乱歩の本名の平井太郎っていうのもするっつるっって感じで、
すごいですよね(笑)

タロ君(^o^;;; !×3

それ本当ですかい!
と思って調べたら本当なんですね、軽いながら衝撃を受けました。
全国の太郎君には申し訳ないですが自分の名前が太郎君とか花子ちゃんだったら多分コンプレックス持ったかも。

ノシ

もしそうなら平吉ゆえに怪人になったのもうなずけない事もない・・・妙にリアリティーも感じますしねえ~

でもさあ(笑)

画数の少ないシンプルな名前って、いいなあって
入試の時に思ったな(笑)。
西一(ふるっ)とか、圧倒的に(笑)有利じゃん! って。
若かったなあ、あのころは(笑)。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jezebelichkeit.blog112.fc2.com/tb.php/281-0af91c71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

V4テクスチャを比較してみたの。 «  | BLOG TOP |  » サイトを更新しました。

Jezebelich Pixiv

Monthly Archives

Recent Entries

Recent Comments

Categories

Renewal

jezzggbanner

Link

このブログをリンクに追加する

Search This Blog

RSSfeed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。