2018-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このごろのわたくし。 - 2012.01.26 Thu


おひめさまてきな。

ちょうど一年前に、バーナード・コーンウェルの「小説アーサー王物語」を読んだ。
(Amazonの履歴で確認・笑)これが超面白かったのだ。
どこが面白かったかっていうと、登場人物がちゃんと人間臭くて聖人君子なんかひとりもいない。
五世紀頃って時代背景でアーサー王伝説を再構築していて野蛮でばっちくて、
男臭い戦争のシーンががっつり出てくる。
なによりランスロットがすげえやな奴に描かれているんだ。あいつぜったいやなやつだよね!?(笑)
心がスレてしまって、きらきら騎士道ロマンスなアーサー王伝説が楽しめなくなっていた私は、
あっというまにあの世界に引き戻されてしまった。



昔からソレ系の映画はよく見ているんだけれども、スルーしていた「キング・アーサー」も
見てみたらすごい面白かった。

キング・アーサー [DVD]キング・アーサー [DVD]
(2006/04/19)
クライヴ・オーウェン、キーラ・ナイトレイ 他

商品詳細を見る

ポスター等を見る限り「また三角関係恋愛ドラマかよ」なんだけど、全然そうでなくって、
きらきら騎士道ロマンスを期待する方はみな金返せと叫んだのではないかと想像する。
こちらはアーサーがローマ属領ブリテンの戦闘指揮官、円卓の騎士がサルマティア人の傭兵だった説
に基づいていて、お話としても非常に楽しめる……のは私だけかもしんないけど(笑)。
んで、サクソン人と戦うんだけども、まあそのサクソン軍団の圧倒的なむさくるしさときたら、
胸高鳴るほどである。
そんで、そっちらへんの本を漁り、そっちらへんの妄想に明け暮れ、
たまに絵を作ったりしてるうちに一年が経った。
いまだに私の心はそっちらへんの世界をさまよっている。
でもって、そっちらへん舞台のおはなしを作るためにキャラ製作にいそしんでいるわけです。
しばらく戻ってこれないと思います。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jezebelichkeit.blog112.fc2.com/tb.php/295-2e74bac9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Scatterbrain «  | BLOG TOP |  » あけました。

Jezebelich Pixiv

Monthly Archives

Recent Entries

Recent Comments

Categories

Renewal

jezzggbanner

Link

このブログをリンクに追加する

Search This Blog

RSSfeed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。