FC2ブログ

2018-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回和風展その2 - 2012.03.14 Wed


コメントは15日いっぱい投稿可ですお。

結局最初にちゃんと考えてなかったから、こうなっちゃうんですね。
カメラとかポーズをちょっとづつ変更して、そのたびに「いかんB地区が見えてしまう」と
また変更して、って(笑)駄目すぎるわな自分。

そんなこんなで、一作目を投稿したのが、7日である。
これが完成する過程で、いつもはわりにテキトウだったりするタイトルを考えた。
「考えたにしては、どうなんだよ(笑)」というチープさだが、それが狙いだ(居直)。
場末の名画座で三本立てになってるB級シリーズ物(のスチール写真)て感じにしたくて、
中二風味だけど簡単で「ぷ(失笑)」ってなりそうな単語を選んだというわけ。

スチールというスタイルを選んだ理由のひとつに、前回・前々回と、ヨゴシにヨゴシて
錦絵ぽくしたから、今回は別な雰囲気にしたかったんですね。ヨゴシと紙感は封印。
一枚投稿した時点で「それでもつんだろうか(汗)」という危惧がなかったわけではない。
でも、自分の弱点という自覚があるカメラやライトを、もうちっとなんとかしたい、
なんとかなる予感が欲しい、というのがあって(笑)。
それに挑戦するのがひとつの自分的な課題だったから、しょうがないや、と割り切った。
もたなかったら、ソレは私の技術と感覚が及ばなかったということだわな。

人類滅亡まで投稿締切まであと4日の時点でこれである(笑)。
でもって次に着手した(最終的には#3となった)「鉄之丞に振袖少女」の……
ふ、振袖のDCにっ ほぼ二日かかってしまったのである!
自分、ほんと馬鹿ですわ。なにやってんすか、自分。いいかげんにしてください、自分。
だが一方で振袖さえなんとかなればなんとかなる、と考えてる自分がいた。
甘い! 甘いぞ。愚かだぞ自分。

w12_04_a.jpg
こんなかんじでまたよくわからない絵になってしまうわけだ。




ううむ。
DCをやりなおすのは絶対に(笑)無理。女の子のPoseはこの着物に納まる範囲でしか変更できない。
カメラ等でこのいかんともしがたい「だからなに感」を減らさないと。で、なんなのこのふたりは?
またですよ、自分! いいかげん懲りなさいよ。反省しなさいよ。失敗から学びなさいよ!

なんなんだろうねー、と考えた。
背景の小道具に拳銃を使っている。ソレは鉄の持ち物で、彼は殺しに行くとか殺されに行くとか、
武闘派稼業にありがちな局面にいる(らしい)のだ。
彼はその旅に愛する少女を連れて行くのか、それともこれが今生の別れなのか。
じゃあ、少女の方はどうなんだ。
諸般の事情でPose変更のできない(笑)この娘は、どういうココロモチだろうか。
「連れていってください」なのか「お別れカナシイです」なのか。
本能は「しるか。少女なんか綺麗なお人形でいいじゃねえか」的な思考停止状態である。
そのとき邪神が私にささやいたのである。「銃を持たせてみたらどうかね」と。

ソレダ!(爆)

この瞬間、私の魂は息を吹き返し、モチベーションは一挙に上がった。
つらかったDCも(自分が不勉強で準備怠った所為)、
駄目なんじゃないかという不安も(行き当たりばったりな作業手順の所為)、
ナニスルモノゾで吹き飛ばす。俺はやるぜ。やりぬいてみせるぜ。

で、仕上げ段階まで行ったやつ。

w12_04a.jpg
もっと銃が目立たないと駄目ですよね。

w12_04b.jpg
素絵大きめで斜めにしてみた。鉄が何考えてんのかわかんねえなあ。やっぱ再レンダだな(笑)

w12_04c.jpg
S風味な少女の対応に「え、まじっすか」となりつつも、つい陶然としてしまう男って感じで(笑)。

散々迷ったから、効果があったのかどうか、ほんとはよくわからないです。
理屈の裏付けがあれば、もうちょっと判断しやすかったなあと反省。
「なんか変」「なんかおさまりイマイチ」という自分の感覚だけを頼りにやったから、
今回みたいに変に熱いテンションになると、ますます判断誤りそうで。
ともあれ、コレはコレとしてぎりぎりまで寝かせて検討することに。
実はタスキは、ほんとに迷ったんだよねー。どーも上手に使えなくて。
カメラ寄らせると、どうしても目がタスキに行っちゃうなー。うーんうーん。
……で、「へ、変だけどナシに……」って……。
最初から他の着物にしとけば、って話だけど、なにしろもう時間ねえから(笑)

そして10日未明、私は三枚目に着手することなく仮眠をとった。
                                     (次回に続く)

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jezebelichkeit.blog112.fc2.com/tb.php/298-17c34ea7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第6回和風展その3 «  | BLOG TOP |  » 第6回和風展その1

Jezebelich Pixiv

Monthly Archives

Recent Entries

Recent Comments

Categories

Renewal

jezzggbanner

Link

このブログをリンクに追加する

Search This Blog

RSSfeed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。