2018-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三つ子の魂百まで。 - 2012.08.18 Sat

どーもみなさんお元気ですか。私は元気ないです。夏風邪です。
「だりー」とか言ってたら、いっぱい熱出て、でも布団の中暑いから、
金髪の貞子みたいになってマシンの前でう”ーとか言ってるわけです(笑)。
あー、ちくしょー、劇場にロキと社長見にいきたいのにー。ぷんすか。

こんな絵をForum3Dに投稿しました。



コメント欄に記すの忘れていたんだけども、けっこう吸血鬼絵としては有名なやつのインスパイアです。
目にする機会が多く、「いちどやってみたかった」というやつだったんですね。

0808_01.jpg

改めて調べたらこの絵の作者は、かのエドワード・バーン・ジョーンズの息子さんのフィリップ・バーン・ジョーンズという方だそうで。なんという奇遇。
インスパイア元みたいに、こう布がしわしわしてたりボリューム感あったりいうのを実現したかったのですが、
力と知恵がおよばず軽く二日は試行錯誤に費やした揚げ句挫折。
結果「こんなこと(全裸とcr2服)なら一晩でできたのに」という……あうあう(泣)
upしたあとで「あ。ひょっとしたらこうやったらよかったのかも!」とか、寝床に入って思いついたり
するんですよね。ちっ。
まだまだPoserでがんばる余地があると痛感しました。


さて。そんな私は閉会式のアニー・レノックスのパフォーマンスに「きゃー」だったわけです。
「やだ、私って、つくづくこういうの好きなのね、うふふ」なんて単純に興奮していたんですが、
(これ読んでる方の八割方「ああそうだろうよ」と呆れ顔をしていることでしょう)
YouTubeにupされたBBC提供の動画を見たら、
全くパフォーマンスを邪魔しないタイミングで
「コッポラのドラキュラのサウンドトラックから」とか言うてるじゃないですか。
レノックスの唄ったLittleBirdは、ドラキュラのサントラに入ってないのですが、
元曲を多少アレンジしているので、なんかサントラから音を使ったのかしらん。
そこらの真偽はさておいて、なによあれやっぱりデーメーテール号なわけ!? きゃー!!
まさかと思ったけど、ほんとにそうだったんだああああ!
ドラキュラの作者のブラム・ストーカーはアイルランド人だから、無理だろなーと諦念したり、
いやでも、かのハマーホラーを無視するのはどうなんだろう、とか思っていたんだけども、
諸般あたりさわりなく気を配りながら、あんなステキなもの見せてくれて、やっぱり流石ですな。
あのスケールで、ステキコスチュームな死者の大舞踏会を見せてもらえる機会なんて滅多にありません。
まさにこれ眼福。しつこく動画探しててよかったよかった。
おめーの(誰のだよ・笑)尻の心配とか誰もしてねーから! ヽ(`Д´)ノ イワズニ オレヌワ!

コーフンシタラ マタネツアガッチャッタノデ、モウ ネルー ('A`)

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jezebelichkeit.blog112.fc2.com/tb.php/305-30f9f796
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

題名つけるの下手すぎ。 «  | BLOG TOP |  » TOON

Jezebelich Pixiv

Monthly Archives

Recent Entries

Recent Comments

Categories

Renewal

jezzggbanner

Link

このブログをリンクに追加する

Search This Blog

RSSfeed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。